4人の子供たちの育児をしている私のこと

4人の子供たちの育児をしている私のこと

4人の子供たちの育児をしている私のこと 私は20歳のときに初めて第1子となる男の子を出産してから、28歳の年齢に至る現在まで4人の元気な子供たちを出産することができました。
子供の性別は男の子3人で末っ子の1人が女の子という割合ですが、性別関係なく兄妹のことを思いやり日々暮らすことができるので、私自身4人の子供たちの育児をすることに対しとても幸せに感じます。
現在子供を授かりたいと思い不妊治療をしている人がこの世の中に沢山いると思いますが、私自身自然に主人との子供を授かることができたため、私の子供として生まれてきてくれたことはとても奇跡的なことだと改めて思います。

私自身が日々楽しく4人の子供たちの育児をすることができているのは、兄妹思いの子供たちの存在と、育児にすごく協力的な主人のおかげだと私自身思っています。
夏休みシーズンの現在、日々子供たちの夏休みの課題やお昼ご飯の準備に対し私自身毎日悪戦苦闘しながら子供たちと暮らす日々を送っていますが、愛おしい子供たちの母親になることができたからこそ、日々悪戦苦闘する日々を過ごすことができています。
夏休みの間子供たちがいることで毎日が大変ですが、大変さが今の私にとって更に幸せなことに感じます。

Copyright (C)20144人の子供たちの育児をしている私のこと.All rights reserved.